ヒアリだけじゃなかった!ひそかに見つかってた外来アリ、かじりアリ

この記事を読むのにかかる時間: 29

今、日本各地で発見されて話題になっているヒアリ。
子供に「アリを見つけても触っちゃダメ」という日が来るとは思ってませんでしたね。
ヒアリばかり取り上げられていますが、実は同じくらい危険なアリが見つかってたのをご存知ですか?

 



外来アリ、ブラウジングアント(Browsing ant)が見つかった

FNNが取材中にヒアリとも違う新種のアリを見つけたというニュースが流れました。
まさにウジャウジャという言葉がピッタリな小さなアリの群衆。
オーストラリアでブラウジングアント(Browsing ant)と呼ばれているアリで、日本語に訳すと「かじりアリ」。

体長は2mmくらいの小さなアリですが、実に凶暴なアリなのです。
「アリクイアリ」という別名通り、他の種類のアリも食べますし、自分たちより大きな昆虫も生け捕りにしてしまうほど。
集団で襲い、すぐに巣に連れ去ってしまいます。

スピードの速いブラウジングアント(Browsing ant)ですが、スピードの秘密は長い足。
集団とスビートで他の虫を脅かす、まさに生態系を破壊しかねないアリなんです。

今回発見されたことで「ハヤトゲフシアリ」という和名が付けられました。

ハヤトゲフシアリの毒性は?繁殖地域は?

ブラウジングアント(Browsing ant)もといハヤトゲフシアリ。
毒はあるのか気になるところですが、毒はなく人間に噛み付くこともないそうです。

恐ろしいのは生態系への影響。
他の虫への影響くらいと思いますが、生態系のバランスが崩れると巡り巡って私たちの生活に影響が出ることだってあります。

発見されたのは名古屋港で侵入から2年以上は経っているとみられ、定着してしまっているとのことです。
生息が拡大しているのかどうかは今後の調査で分かってくると思いますが、国としてはヒアリほど深刻だと思っていない感じがします。
しっかり対策を考えてほしいところですが…今後の経過に注目ですね。

小さな子供にとって身近な虫であるアリ。
これからは気軽に触れなくなってくるかもしれませんね。
気になる話でした。

↓最近、アリ見ると身構えちゃう自分がいます↓

にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

Instagram  インスタグラムはじめました【musasabi.0430